早くも2敗目の阪神・能見 左腕なのに左打者に打たれる理由

公開日:  更新日:

 7日、阪神先発の能見が炎上した。二回までに5点を失い、5回5失点で今季2敗目を喫した。開幕初登板となった3月31日のヤクルト戦でも5回KO。これで2試合続けて左打者にカモにされた。

 前回は打たれたヒット7本中4本が左打者。この日も石川、筒香らにつるべ打ちにされ、7本中6本が実に左打者だった。

 能見は左腕だが、特に左に強いという投手ではない。10年は対左の被打率が3割を超えている。西武の中継ぎ左腕だった三井浩二氏は「能見自身に左打者が得意というイメージはないはず」と言ってこう続ける。

「左投手が左打者を抑えるために有効なのは、外角に逃げるスライダーです。しかし、能見はフォークほどスライダーを得意としていない。アウトローにきちっと投げきれば打者も振ってくれるのですが……。打者に踏み込ませないために必要な内角の直球にしても、能見は制球が抜群に良いという投手でもない。特にここまで左に打たれているということは、コースを狙った直球が甘く入っているのではないか。仮に打者の頭付近に抜けていくぐらい制球が悪ければ、打者も死球を怖がって踏み込めないんですけど、それほどでもないですから」

 試合後は「もう少し粘りたかった」と話した能見。ライバル球団の左打者に好かれたら、2年ぶりの2ケタ勝利は遠い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る