投打で足引っ張った阪神・藤浪 キャンプの“ツケ”早くも露呈

公開日:  更新日:

「フラッシュバックしたかと思ったよ」と、ネット裏のスコアラーも驚いていた。

 カード勝ち越しをかけて挑んだ5日の巨人戦。先発した阪神の藤浪晋太郎(20)が要所でミスを重ねた。3失点完投も負け投手となり、チームは2カード連続の負け越しを喫した。

 二回、阿部、セペダに出塁を許して1死二、三塁。亀井への初球に投じたストレートが大暴投となり先制を許すと、直後に犠飛を浴び、ひとりの打者で2点を失った。

 打席でも精彩を欠いた。三回、六回と2度、先頭の梅野が出塁するも、ともにバント失敗。「自分が攻撃の流れを止めてしまった」と反省した。前出のスコアラーが言う。

「要所で制球ミスをして、バントができないのは去年と同じ。昨年の8月29日、巨人との首位攻防3戦目を見ているようだった。先発した藤浪は、制球に苦しみ二回までに4失点。反撃のチャンスとなりそうだった三回には、梅野が先頭で出たにもかかわらずバントを失敗。おまけに、相手先発の沢村に2安打10奪三振で完封負けというのも同じ。藤浪は昨年、リーグ最悪の6失策とバント処理、フィールディングもヘタだから、思ったほど勝ち星が伸びない。キャンプから必死で基本練習をしないといけないはずだが、投内連係では悪送球が多かったり、バント練習に時間をかけるでもない。何とかしようという姿勢があまり見られなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る