精彩欠く阪神・上本…新打線キーマンを襲った「2番の重圧」

公開日: 更新日:

「グラウンドでの表情がちょっと暗いですね」

 3日の巨人戦、2番・二塁でスタメン出場した上本博紀(28)について、阪神OBの評論家・福間納氏がこう言った。

 チームは勝ったが、この日は5打数無安打で打率は.160。バント失敗もあった。2日のヤクルト戦では2失策を犯すなど、開幕から2番に座る男が精彩を欠いている。

 昨季は1番打者としてブレークし、今季はキャンプ、オープン戦を通じて西岡との二塁争いを制した。和田監督は上本を高く買っていて、自身が目指す「超攻撃打線」の目玉として、鳥谷、上本による「1、2番コンビ」を組ませた。しかし上本が機能しなければ、打順の練り直しを迫られる。

「今は『2番の重圧』を感じているのだろう」

 とは、前出の福間氏。

「前後を打つ鳥谷、西岡が結果を残しているだけに、上本が機能すれば、阪神打線はさらなる破壊力を持つ。和田監督も現役時代に2番・二塁を任されていたこともある。上本に2番としての役割を肌で感じてほしいと思っているんだろう。上本は右打ちができる点では和田監督の現役時代と同じだが、盗塁を稼げるし、長打も打てる。和田監督は当面打てなくても2番で使い続けるだろう。ただ、2番と昨年打っていた1番とでは『打席での自由度』が違う。先頭の鳥谷が出塁すれば、バントやエンドラン、盗塁のサポートをはじめ、進塁打が求められたり、カウントごとに目まぐるしく作戦が変わることもある。考えること、感じることが多くなる。今は2番への戸惑いもあるだろうし、慣れも必要だが、上本が打たなくてもチームに勝ちがついているのだから、自分がやれることは何かということに集中して、思い切ってプレーをしたらいいのです」

 今が踏ん張りどころだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”