阪神まさかの開幕3連勝 「優勝した03年にそっくり」の声

公開日: 更新日:

 いくらなんでも気が早過ぎないか。

 阪神は初回、先発の藤浪が3点を失うも、四回にゴメス、福留の2ランで逆転。五回には2死満塁から梅野が走者一掃の二塁打などで5点を追加。その後、中日打線の猛追にあうも逃げ切った。

 阪神の開幕3連勝は7年ぶりのことだが、この3連勝は「03年の開幕直後に似ている」との声がある。03年といえば星野監督の2年目。阪神が18年ぶりに優勝を決めて大阪が沸きに沸いた年だ。「あの時のことはよく覚えていますよ」という在阪テレビ局の関係者がこう続ける。

「03年の開幕カードは横浜(現DeNA)だった。初戦は井川が3点を失うもゲームをつくりながら打線が振るわず落とした。ガラリと変わったのは2戦目から。この試合は初回に先制されながら、三回に逆転し、六回と九回にダメ押し。3戦目も先制を許しながらシーソーゲームの末に再逆転。広島に移動しての初戦は矢野に先制アーチが飛び出し、その後藪が逆転されたが、集中打でひっくり返した。終わってみればシーズン初の2ケタ得点(10点)で3連勝。眠っていた連中が目を覚まし、星野監督を安心させたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    軍が守るのは国民ではないと教えるドキュメンタリー映画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る