阪神まさかの開幕3連勝 「優勝した03年にそっくり」の声

公開日:  更新日:

 いくらなんでも気が早過ぎないか。

 阪神は初回、先発の藤浪が3点を失うも、四回にゴメス、福留の2ランで逆転。五回には2死満塁から梅野が走者一掃の二塁打などで5点を追加。その後、中日打線の猛追にあうも逃げ切った。

 阪神の開幕3連勝は7年ぶりのことだが、この3連勝は「03年の開幕直後に似ている」との声がある。03年といえば星野監督の2年目。阪神が18年ぶりに優勝を決めて大阪が沸きに沸いた年だ。「あの時のことはよく覚えていますよ」という在阪テレビ局の関係者がこう続ける。

「03年の開幕カードは横浜(現DeNA)だった。初戦は井川が3点を失うもゲームをつくりながら打線が振るわず落とした。ガラリと変わったのは2戦目から。この試合は初回に先制されながら、三回に逆転し、六回と九回にダメ押し。3戦目も先制を許しながらシーソーゲームの末に再逆転。広島に移動しての初戦は矢野に先制アーチが飛び出し、その後藪が逆転されたが、集中打でひっくり返した。終わってみればシーズン初の2ケタ得点(10点)で3連勝。眠っていた連中が目を覚まし、星野監督を安心させたものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る