• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季は“内弁慶”の巨人 敵地で負け越しなら「V逸」は確実

 巨人が敵地でぱっとしない。前カードのマツダスタジアムでの広島戦で3連敗。開幕2カード目のナゴヤドームの中日戦でも3タテを食らっている。

 現在、33試合で18勝15敗の2位。内訳はホームで12勝4敗、ロードで6勝11敗。本拠地で強いが敵地で弱い――。完全に内弁慶なのである。実はこれ、巨人に限った話ではない。セ・リーグ全球団に同じ傾向が出ている。

 首位DeNAはホーム11勝5敗、ロード9勝9敗。広島はホーム11勝6敗、ロード2勝12敗。敵地で五分なのはセではDeNAだけ。広島はロードで借金10。この差が順位に反映されている。

 広島のある選手は「今年はロースコアの接戦が多くて、九回とか延長戦になると、ホームの後攻の方が気が楽だし有利なのは確か。これが勝率に出ているのでは」と指摘。巨人の某選手は「例えばヤクルトの神宮球場はクラブハウスが離れていて、試合前はベンチ裏の狭い部屋で待機する。ビジターチームは集中しにくい環境なんです」なんて声も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る