今季は“内弁慶”の巨人 敵地で負け越しなら「V逸」は確実

公開日:  更新日:

 巨人が敵地でぱっとしない。前カードのマツダスタジアムでの広島戦で3連敗。開幕2カード目のナゴヤドームの中日戦でも3タテを食らっている。

 現在、33試合で18勝15敗の2位。内訳はホームで12勝4敗、ロードで6勝11敗。本拠地で強いが敵地で弱い――。完全に内弁慶なのである。実はこれ、巨人に限った話ではない。セ・リーグ全球団に同じ傾向が出ている。

 首位DeNAはホーム11勝5敗、ロード9勝9敗。広島はホーム11勝6敗、ロード2勝12敗。敵地で五分なのはセではDeNAだけ。広島はロードで借金10。この差が順位に反映されている。

 広島のある選手は「今年はロースコアの接戦が多くて、九回とか延長戦になると、ホームの後攻の方が気が楽だし有利なのは確か。これが勝率に出ているのでは」と指摘。巨人の某選手は「例えばヤクルトの神宮球場はクラブハウスが離れていて、試合前はベンチ裏の狭い部屋で待機する。ビジターチームは集中しにくい環境なんです」なんて声も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る