中井を抜擢も2打席で交代 原巨人の「4番軽視」ますます加速

公開日:  更新日:

 ちょうど20年前、自らの引退セレモニーでのスピーチで、その座を「聖域」と表現し、「何人も侵すことができない」と声を大にしたのは、他ならぬ原監督だった。

 その原監督が29日の中日戦で東京ドームをどよめかせた。なんと、この日の「4番・一塁」に8年目25歳の中井大介を抜擢したのである。日本テレビのアナウンサーは盛んに「巨人第83代の4番打者!」と絶叫していたが、拍子抜けしたファンも多かっただろう。

「前日まで4番を打っていた坂本が故障離脱したとはいえ、なぜその座にさしたる実績のない中井を据えるのか、まったく理解に苦しむ。巨人に限らず、4番打者はチームの中心であり、根幹でしょう。その中でも巨人の4番は特別なものだと言ったのは自分だろう。原監督は常々、『巨人の歴史』『巨人の伝統』ともっともらしいことを口にするが、それを最も軽んじているんだから……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る