フランシスコは? 原巨人の「途中加入外国人」は“当たり”ゼロ

公開日:  更新日:

 巨人の新外国人、ホアン・フランシスコ(27)が27日、ジャイアンツ球場での練習で一軍に合流。188センチ、111キロの巨体からフリー打撃で快音を響かせた。

 巨人は開幕からチーム打率.241、9本塁打と迫力のない打線に泣いている。原監督はDeNAの21本塁打に大きく水をあけられている長打力不足解消と貧打の救世主として、このフランシスコに期待を寄せているのだが、過去の途中加入助っ人の成績を振り返ると、不安で仕方がないというのが本音だろう。

 原政権は今季で計12年目。この間、シーズン途中で加入した外国人は、育成契約と育成から支配下登録されたケースを除くと6人いる。

 14年セペダ=打率.194、6本塁打、18打点。

 12年エドガー=打率.236、4本塁打、19打点。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る