フランシスコは? 原巨人の「途中加入外国人」は“当たり”ゼロ

公開日:  更新日:

 巨人の新外国人、ホアン・フランシスコ(27)が27日、ジャイアンツ球場での練習で一軍に合流。188センチ、111キロの巨体からフリー打撃で快音を響かせた。

 巨人は開幕からチーム打率.241、9本塁打と迫力のない打線に泣いている。原監督はDeNAの21本塁打に大きく水をあけられている長打力不足解消と貧打の救世主として、このフランシスコに期待を寄せているのだが、過去の途中加入助っ人の成績を振り返ると、不安で仕方がないというのが本音だろう。

 原政権は今季で計12年目。この間、シーズン途中で加入した外国人は、育成契約と育成から支配下登録されたケースを除くと6人いる。

 14年セペダ=打率.194、6本塁打、18打点。

 12年エドガー=打率.236、4本塁打、19打点。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る