主将・坂本まで…巨人選手「足の故障続出」生んだ3つの原因

公開日:  更新日:

 巨人の主将・坂本勇人(26)が29日、左ふくらはぎの張りのため、出場選手登録を抹消された。

「悔しい気持ちもあるけど、こうなった以上は早く戻ってこられるように、いい時間にしたい」と話し、東京ドームを後にした。坂本の二軍落ちは高卒2年目に再調整となった07年9月12日以来、何と8年ぶり。故障では初めてである。

 試合前、原監督は「そんなに大したことはない。場所が場所だけに、トレーナーと本人と話をして(最短の)10日間でベストの状態にすることが最善ということ」と説明したものの、「坂本ショック」はこの日の中日戦で露呈した。菅野が5回4失点KOで3敗目。試合も完敗である。

 次々とそれも同じようなケガで野手がいなくなる――。

 3月に大田が左太もも裏の肉離れで離脱したのを皮切りに、相川は右太もも裏の肉離れ、亀井は下半身の張り、阿部も左太もも裏の肉離れで抹消された。足の肉離れが多いのが特徴だ。何か原因があるのか。春季キャンプの練習メニューなのか。白坂トレーニングコーチに聞くと、「そうではないと思う。ひと言に肉離れと言っても、食事、ケア、移動の問題とか、原因はおのおのによって違うから」と「個人の問題」とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る