<第30回>「オレ、まだ伸びてるわ」

公開日:  更新日:

 大谷のお尻と太ももの付け根の痛みはすぐには引かなかった。

 自覚症状が出たのは高校2年の夏の県大会が始まる前。「左太ももの肉離れ」と診断され、岩手県予選は4回戦で1回3分の1を投げただけで他の試合は外野手での出場だった。甲子園ではリリーフとして5回3分の2を放るも、痛みは岩手に戻っても残った。埼玉県の病院まで行って検査した結果は「左股関節骨端線(骨と軟骨の境目)の損傷」だった。

 体が成長し切っていないうちは残っている骨端線が破損していた。それが判明して以降、投球練習は禁止された。

 母・加代子(51)がこう言った。

「(治るのに)4カ月くらいかかると言われました。何もできないというわけではなく、こういう動作はいいというのはトレーナーの先生が指示してくれたのです。例えばバッティング練習は大丈夫だと。主に休養と栄養が大切でした。なのでカルシウムが豊富な牛乳とかヨーグルトとか、うなぎの骨とか、そういうものを差し入れたのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る