• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第30回>「オレ、まだ伸びてるわ」

 大谷のお尻と太ももの付け根の痛みはすぐには引かなかった。

 自覚症状が出たのは高校2年の夏の県大会が始まる前。「左太ももの肉離れ」と診断され、岩手県予選は4回戦で1回3分の1を投げただけで他の試合は外野手での出場だった。甲子園ではリリーフとして5回3分の2を放るも、痛みは岩手に戻っても残った。埼玉県の病院まで行って検査した結果は「左股関節骨端線(骨と軟骨の境目)の損傷」だった。

 体が成長し切っていないうちは残っている骨端線が破損していた。それが判明して以降、投球練習は禁止された。

 母・加代子(51)がこう言った。

「(治るのに)4カ月くらいかかると言われました。何もできないというわけではなく、こういう動作はいいというのはトレーナーの先生が指示してくれたのです。例えばバッティング練習は大丈夫だと。主に休養と栄養が大切でした。なのでカルシウムが豊富な牛乳とかヨーグルトとか、うなぎの骨とか、そういうものを差し入れたのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る