• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第30回>「オレ、まだ伸びてるわ」

 大谷のお尻と太ももの付け根の痛みはすぐには引かなかった。

 自覚症状が出たのは高校2年の夏の県大会が始まる前。「左太ももの肉離れ」と診断され、岩手県予選は4回戦で1回3分の1を投げただけで他の試合は外野手での出場だった。甲子園ではリリーフとして5回3分の2を放るも、痛みは岩手に戻っても残った。埼玉県の病院まで行って検査した結果は「左股関節骨端線(骨と軟骨の境目)の損傷」だった。

 体が成長し切っていないうちは残っている骨端線が破損していた。それが判明して以降、投球練習は禁止された。

 母・加代子(51)がこう言った。

「(治るのに)4カ月くらいかかると言われました。何もできないというわけではなく、こういう動作はいいというのはトレーナーの先生が指示してくれたのです。例えばバッティング練習は大丈夫だと。主に休養と栄養が大切でした。なのでカルシウムが豊富な牛乳とかヨーグルトとか、うなぎの骨とか、そういうものを差し入れたのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る