<第30回>「オレ、まだ伸びてるわ」

公開日:  更新日:

 大谷のお尻と太ももの付け根の痛みはすぐには引かなかった。

 自覚症状が出たのは高校2年の夏の県大会が始まる前。「左太ももの肉離れ」と診断され、岩手県予選は4回戦で1回3分の1を投げただけで他の試合は外野手での出場だった。甲子園ではリリーフとして5回3分の2を放るも、痛みは岩手に戻っても残った。埼玉県の病院まで行って検査した結果は「左股関節骨端線(骨と軟骨の境目)の損傷」だった。

 体が成長し切っていないうちは残っている骨端線が破損していた。それが判明して以降、投球練習は禁止された。

 母・加代子(51)がこう言った。

「(治るのに)4カ月くらいかかると言われました。何もできないというわけではなく、こういう動作はいいというのはトレーナーの先生が指示してくれたのです。例えばバッティング練習は大丈夫だと。主に休養と栄養が大切でした。なのでカルシウムが豊富な牛乳とかヨーグルトとか、うなぎの骨とか、そういうものを差し入れたのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る