<第27回>父親が「野球より人間教育」と考えた理由

公開日:  更新日:

 高校からドラフト1位でプロ入りするような選手はたいてい、中学時代に脚光を浴びる。大谷同様、日本ハムに1位指名されたダルビッシュ(現レンジャーズ)は中学時代、40校近くの高校から誘われたという。大谷は違った。通っていた一関シニアは人数自体、少なかったし、全国大会にも行っていない。

 一関シニアのコーチをしていた父親の徹(52)によれば、「(菊池)雄星クンのように県内どころか関東からもとか、それほどじゃありませんでした。僕の先輩が横浜の方でコーチをしていたので、一度、遊びがてら見に行くわと。そこも含めて(誘いがあったのは)4つくらいだった」そうだ。

 徹はそもそも大谷がプロ野球選手になるとか、大谷をプロ野球選手にしようと考えていたわけではない。

「(大谷が野球でそこそこの選手になるかもしれないと感じたのは)水沢リトルの最後、中1くらいのときでしょうか。このまま1年ずつ成長すれば、社会人でやれるレベルになるかなと。プロでやれるとか、そういうことは思わなかったですね。自分自身も働きながら野球をやった。プロになれればいいですけど、将来的にもその方がいいと思っていましたので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る