• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第27回>父親が「野球より人間教育」と考えた理由

 高校からドラフト1位でプロ入りするような選手はたいてい、中学時代に脚光を浴びる。大谷同様、日本ハムに1位指名されたダルビッシュ(現レンジャーズ)は中学時代、40校近くの高校から誘われたという。大谷は違った。通っていた一関シニアは人数自体、少なかったし、全国大会にも行っていない。

 一関シニアのコーチをしていた父親の徹(52)によれば、「(菊池)雄星クンのように県内どころか関東からもとか、それほどじゃありませんでした。僕の先輩が横浜の方でコーチをしていたので、一度、遊びがてら見に行くわと。そこも含めて(誘いがあったのは)4つくらいだった」そうだ。

 徹はそもそも大谷がプロ野球選手になるとか、大谷をプロ野球選手にしようと考えていたわけではない。

「(大谷が野球でそこそこの選手になるかもしれないと感じたのは)水沢リトルの最後、中1くらいのときでしょうか。このまま1年ずつ成長すれば、社会人でやれるレベルになるかなと。プロでやれるとか、そういうことは思わなかったですね。自分自身も働きながら野球をやった。プロになれればいいですけど、将来的にもその方がいいと思っていましたので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る