<第27回>父親が「野球より人間教育」と考えた理由

公開日:  更新日:

 高校からドラフト1位でプロ入りするような選手はたいてい、中学時代に脚光を浴びる。大谷同様、日本ハムに1位指名されたダルビッシュ(現レンジャーズ)は中学時代、40校近くの高校から誘われたという。大谷は違った。通っていた一関シニアは人数自体、少なかったし、全国大会にも行っていない。

 一関シニアのコーチをしていた父親の徹(52)によれば、「(菊池)雄星クンのように県内どころか関東からもとか、それほどじゃありませんでした。僕の先輩が横浜の方でコーチをしていたので、一度、遊びがてら見に行くわと。そこも含めて(誘いがあったのは)4つくらいだった」そうだ。

 徹はそもそも大谷がプロ野球選手になるとか、大谷をプロ野球選手にしようと考えていたわけではない。

「(大谷が野球でそこそこの選手になるかもしれないと感じたのは)水沢リトルの最後、中1くらいのときでしょうか。このまま1年ずつ成長すれば、社会人でやれるレベルになるかなと。プロでやれるとか、そういうことは思わなかったですね。自分自身も働きながら野球をやった。プロになれればいいですけど、将来的にもその方がいいと思っていましたので」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る