<第26回>ふざけるのも、人を笑わせるのも大好きだった

公開日:  更新日:

 水沢南中学3年のときのことだ。

 大谷は放課後、同じクラスの渡邊洸大と2人で教室に残って、模造紙に修学旅行の様子をまとめていた。

 が、そのうち飽きてくる。どちらからともなく模造紙を丸め、チャンバラごっこが始まった。調子に乗ってはしゃぎ、つい、大声を出した。それが、たまたま廊下を歩いていた先生にバレて、大目玉を食らった。

 学校では友達5、6人と廊下を走り回って追い掛けっこ。ほうきを振り回して遊んでいて先生に出くわし、怒られたこともある。当時を振り返って、渡邊がこう言った。

「怒られたときとか、多少、うぜーとか、うるさいなぁとか言いますけど、それを引きずったりはしない。切り替えが早いっていうか、怒られて落ち込むとか、考え込むみたいなことはなかったですね。運動会の応援リーダーとか、僕が周りからやれと言われて、ひとりだと嫌だったので、大谷とか他の友達も巻き込んでやったんです。文化祭のときにクラスで合唱するときのパートリーダーもそう。自分から積極的にやるわけじゃなくても、誘われたら断らない。まじめで堅そうなイメージがあるけど、全然、そんなことないですよ。ふざけるのはむしろ好きじゃないですか。人を笑わせるのは好きでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る