• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第26回>ふざけるのも、人を笑わせるのも大好きだった

 水沢南中学3年のときのことだ。

 大谷は放課後、同じクラスの渡邊洸大と2人で教室に残って、模造紙に修学旅行の様子をまとめていた。

 が、そのうち飽きてくる。どちらからともなく模造紙を丸め、チャンバラごっこが始まった。調子に乗ってはしゃぎ、つい、大声を出した。それが、たまたま廊下を歩いていた先生にバレて、大目玉を食らった。

 学校では友達5、6人と廊下を走り回って追い掛けっこ。ほうきを振り回して遊んでいて先生に出くわし、怒られたこともある。当時を振り返って、渡邊がこう言った。

「怒られたときとか、多少、うぜーとか、うるさいなぁとか言いますけど、それを引きずったりはしない。切り替えが早いっていうか、怒られて落ち込むとか、考え込むみたいなことはなかったですね。運動会の応援リーダーとか、僕が周りからやれと言われて、ひとりだと嫌だったので、大谷とか他の友達も巻き込んでやったんです。文化祭のときにクラスで合唱するときのパートリーダーもそう。自分から積極的にやるわけじゃなくても、誘われたら断らない。まじめで堅そうなイメージがあるけど、全然、そんなことないですよ。ふざけるのはむしろ好きじゃないですか。人を笑わせるのは好きでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る