• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第28回>菊池雄星を超えるために花巻東を選んだ

 大谷の父・徹(52)はこれまで、3人の子供たちの進路に関して、口を挟んだことがないという。

「僕はこっちに行けとか、そういうことを言ったことがない。本人たちに任せています。最初の高校進学もそうでした。入れる、入れないはあるにせよ、(3人とも)自分の好きなところには行ったと思います。後になって、やりたいことがあったのにやれなかったというのはよくない。何かをやってみるうえで、まず、やること。後悔はしないことが大切だと思うので」

 大谷に関してもそうだった。野球以外の教育に力を入れ、甲子園を狙えて、人数が多くて埋もれてしまう可能性のある都会でない学校がベストという父親なりの希望はあったにせよ、だから花巻東に行った方がよいとか、行くべきだと道をつけたわけではない。最終的に決めるのはあくまでも本人。後悔しないためにも、自分の道は自分で決めなさい。その代わり、自分で選んだからには、選んだことに関して最後まで責任を持ちなさいというスタンスだった。父親の考えが子供にまったく影響しないということはないにせよ、花巻東への進学は本人の意思と父親の考え方が、たまたま一致したに過ぎない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る