• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第29回>足がひんぱんにつる謎解き

 プロ3年目の大谷は投げている最中、足がつった経験が公になっているだけで5回ある。

「高校(花巻東)の試合中、あっ、やったかなというのはありました。去年も春先にあって夏以降は大丈夫だったので、続かなければいいなと思っています」

 母・加代子(51)がこう言えば、父・徹(52)は、

「(一関)シニアのときは足よりも指先のマメが多かった気がします。人さし指と中指によくマメをつくっていました。マメの下にまたマメができるのです。なので風呂に入っても指先を湯につけないようにするとかはしていました。足がつるのはシニアのときに1回か2回程度だと思いましたが……」

 と、こう続ける。

「僕も割とつる方だったのです。中学時代から陸上の練習とか、大会でふくらはぎがビクッとくるというか、グニュッとくるというか……。社会人野球の外野手時代、ポジションまで走っていくときでも、あっ、きそうだなということがありました。それを言ってしまうと(試合に)出られなくなるので言いませんでしたけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る