<第29回>足がひんぱんにつる謎解き

公開日:  更新日:

 プロ3年目の大谷は投げている最中、足がつった経験が公になっているだけで5回ある。

「高校(花巻東)の試合中、あっ、やったかなというのはありました。去年も春先にあって夏以降は大丈夫だったので、続かなければいいなと思っています」

 母・加代子(51)がこう言えば、父・徹(52)は、

「(一関)シニアのときは足よりも指先のマメが多かった気がします。人さし指と中指によくマメをつくっていました。マメの下にまたマメができるのです。なので風呂に入っても指先を湯につけないようにするとかはしていました。足がつるのはシニアのときに1回か2回程度だと思いましたが……」

 と、こう続ける。

「僕も割とつる方だったのです。中学時代から陸上の練習とか、大会でふくらはぎがビクッとくるというか、グニュッとくるというか……。社会人野球の外野手時代、ポジションまで走っていくときでも、あっ、きそうだなということがありました。それを言ってしまうと(試合に)出られなくなるので言いませんでしたけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る