• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第29回>足がひんぱんにつる謎解き

 プロ3年目の大谷は投げている最中、足がつった経験が公になっているだけで5回ある。

「高校(花巻東)の試合中、あっ、やったかなというのはありました。去年も春先にあって夏以降は大丈夫だったので、続かなければいいなと思っています」

 母・加代子(51)がこう言えば、父・徹(52)は、

「(一関)シニアのときは足よりも指先のマメが多かった気がします。人さし指と中指によくマメをつくっていました。マメの下にまたマメができるのです。なので風呂に入っても指先を湯につけないようにするとかはしていました。足がつるのはシニアのときに1回か2回程度だと思いましたが……」

 と、こう続ける。

「僕も割とつる方だったのです。中学時代から陸上の練習とか、大会でふくらはぎがビクッとくるというか、グニュッとくるというか……。社会人野球の外野手時代、ポジションまで走っていくときでも、あっ、きそうだなということがありました。それを言ってしまうと(試合に)出られなくなるので言いませんでしたけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る