<第29回>足がひんぱんにつる謎解き

公開日:  更新日:

 プロ3年目の大谷は投げている最中、足がつった経験が公になっているだけで5回ある。

「高校(花巻東)の試合中、あっ、やったかなというのはありました。去年も春先にあって夏以降は大丈夫だったので、続かなければいいなと思っています」

 母・加代子(51)がこう言えば、父・徹(52)は、

「(一関)シニアのときは足よりも指先のマメが多かった気がします。人さし指と中指によくマメをつくっていました。マメの下にまたマメができるのです。なので風呂に入っても指先を湯につけないようにするとかはしていました。足がつるのはシニアのときに1回か2回程度だと思いましたが……」

 と、こう続ける。

「僕も割とつる方だったのです。中学時代から陸上の練習とか、大会でふくらはぎがビクッとくるというか、グニュッとくるというか……。社会人野球の外野手時代、ポジションまで走っていくときでも、あっ、きそうだなということがありました。それを言ってしまうと(試合に)出られなくなるので言いませんでしたけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る