日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“傲岸不遜”目立つ男子プロは「ジャンボ時代の負の遺産」の声

 男子ツアー会場で「イヤな思いをして帰ってきた」というギャラリーは少なくない。

 原因は男子プロのエラソーな態度にある。もちろん全員ではないが、プロに握手を求めても知らん顔。サインをお願いしても素通り。「ナイスバーディー」と声援を送っても、愛想もない。とにかく「プレーを見せてやってんだぞ」と言わんばかりの横柄な態度なのだ。

 中には相手が若く可愛い女の子だと態度が一変、鼻の下を伸ばしてスラスラとサインし、ちゃっかり携帯番号を聞く不届きなプロもいる。

 とにかくギャラリーを小バカにする姿勢がミエミエなのだ。日刊ゲンダイが選手会長の池田勇太(29)を直撃した際も、「一生懸命やってるに決まってるじゃねーか」とまともな会話にならない。昨年の賞金王、小田孔明(36)はプレー中、たばこをプカプカ。永久シードの片山晋呉(42)はギャラリーに背中を向けたままサインをし、色紙を投げ返したこともあった。ツアーを代表するプロがこんな態度だから、見ている方も頭にくるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事