日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフ評論家が指摘 「日本のコース設定はプロに甘すぎる」

「息をのむ試合展開ではなかったからでしょう、アナウンサーがしきりに(メジャーの)全英を連呼していたのでシラケた」

 テレビ中継を見た評論家の宮崎紘一氏がこうあきれた。

 ミズノオープン(岡山・JFE瀬戸内海GC)は、首位タイ発進の手嶋多一(46)がツアー8勝目を挙げて、13年ぶり3度目の全英オープン出場権を手にした。これで今季メジャー3戦目の全英(セントアンドルーズGCオールドC・7月16日開幕)には、今大会4位までに入った富村真治と高山忠洋に加え、昨季賞金ランク上位の小田孔明、藤田寛之。それに日本オープン覇者の池田勇太と世界ランク50位内の松山英樹の日本人7選手が出場する。

 ではメジャーで日本人選手が通用するか、といえば「本場リンクスを経験して、米ツアーで戦っている松山ぐらいだろう」(宮崎氏)となる。どうしてか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事