日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

協会顧問が苦言 「日本ゴルフ界には優れたコーチがいない」

 スポーツにコーチは欠かせない。名コーチなくして名選手は育たない。

 優れたコーチがいれば国の競技力を高めることもできる。北島康介をはじめ多くの世界的なトップスイマーを育ててきた競泳日本代表の平井伯昌ヘッドコーチがそのいい例だ。

 テニスの錦織圭が世界ランキング5位にまでなれたのも、陰にマイケル・チャンという名コーチがいたからだ。

 ゴルフも世界のトップクラスにはみんな優れたコーチがついている。タイガー・ウッズは理想とするスイングを求めて何度コーチを代えたことか。

 しかし、日本のゴルフ界には世界的なプレーヤーを育てるような優れたコーチはいない。

「ツアープロコーチ」という肩書で教えている人たちが最近多くなっている。「ツアープロコーチ」といえば、「ツアープロを教えるプロのこと」と誰もが思っているに違いない。しかし、彼らは日本プロゴルフ協会(PGA)のプロ資格を持っていない「ツアープロを教えるコーチ」なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事