日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

プロ野球選手、十人十色の怒り方

 大リーグ、ツインズのトリー・ハンターが10日のロイヤルズ戦で投球の判定に猛抗議して退場を宣告され、猛り狂って身に着けていたプロテクター、手袋、ついにはユニホームまでグラウンドに投げ込んだそうだ。

 レッドソックスのデビッド・オルティーズも以前、同様に主審に猛抗議して退場処分を受けた際、腕に巻いていたプロテクターをグラウンドに投げ入れた。ここまではトリー・ハンターと同じ。オルティーズの場合それでも怒りは収まらず、ベンチの電話をバットで叩き壊した。けが人が出なくてよかった。

「冗談じゃねえ、やってられるか!」という怒りが噴き出してモノに当たるのは周囲が迷惑する。

 頭にくる、悔しい、ううう……、ぐっと耐え、せいぜい自分の二の腕にかぶりついてググググと歯を立てて我慢する。それでも耐えられずに「ええい、やってられっか!」と感情が沸騰して、自分が身に着けているモノを放り投げたのだから、それで誰かに危害を加えたわけではないのだし、怒りの持って行きどころによってはパフォーマンスとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事