日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

目線が泳がぬFIFA騒動の大物たち

 日本の総理大臣は目線がキョトキョト泳いで、落ち着きがない。

 3日未明に辞任を表明したものの、一度は再任したFIFAのブラッター会長の目はその逆だ。欧州のサッカー協会が反ブラッター勢力に回ったことに対しては「許すが、忘れない」と凄んだ目。うわ! おっそろしい親分だな。この一点だけでも日本の総理とは迫力が違う。

 FIFAの幹部をふん縛ったアメリカ司法長官の目もキョトキョト泳いでいなかった。名前だってリンチだっていうから恐ろしげじゃねえか。それを、「サッカーを利用してロシアをおとしめようとするアメリカの陰謀だ」と言い放ったプーチンの目もキョトキョト泳がない。大物はみんな目が据わっている。

「ひとつ次はうちにお盃(W杯のこったぞ)を頂戴いたしたく、なにとぞよしなに」

 と積まれる小判に目が眩んだ悪代官がFIFAにゃごっそり居たのに、揃いも揃って逮捕されるとき「フフン」と笑って目が据わっていた。居直り方が半端じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事