松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

目線が泳がぬFIFA騒動の大物たち

公開日:  更新日:

 日本の総理大臣は目線がキョトキョト泳いで、落ち着きがない。

 3日未明に辞任を表明したものの、一度は再任したFIFAのブラッター会長の目はその逆だ。欧州のサッカー協会が反ブラッター勢力に回ったことに対しては「許すが、忘れない」と凄んだ目。うわ! おっそろしい親分だな。この一点だけでも日本の総理とは迫力が違う。

 FIFAの幹部をふん縛ったアメリカ司法長官の目もキョトキョト泳いでいなかった。名前だってリンチだっていうから恐ろしげじゃねえか。それを、「サッカーを利用してロシアをおとしめようとするアメリカの陰謀だ」と言い放ったプーチンの目もキョトキョト泳がない。大物はみんな目が据わっている。

「ひとつ次はうちにお盃(W杯のこったぞ)を頂戴いたしたく、なにとぞよしなに」

 と積まれる小判に目が眩んだ悪代官がFIFAにゃごっそり居たのに、揃いも揃って逮捕されるとき「フフン」と笑って目が据わっていた。居直り方が半端じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る