松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「原巨人」が聞いて呆れるぜ

公開日:  更新日:

「原巨人」。そういう名前のチームは他に聞かない。

 工藤ホークスとは言わぬし、緒方カープ、栗山ハム、谷繁ドラゴンズとも呼ばぬ。あれだけ監督が目立つのに、中畑ベイスターズとは呼ばない。

 カネにものを言わせて片っ端から大物を補強したパ・リーグの球団なんざ、やっとこさわたくしも近鉄とは呼ばなくなったが、それでもオリックス・ブルーウェーブと去年あたりまで呼んでいたし、これが近鉄時代のバファローズに戻ったんだと覚えて間がないので、監督の名前を冠して森脇バファローズなんぞ呼べたものではない。

「原巨人」だけがいまだに言われるのはワールド・ベースボール・クラシックで「王ジャパン」を引き継いで優勝し、世界一の監督と気色の悪い勘違いの揚げ句、自他ともに「名監督」と祭り上げた結果なのだが、実際は目も当てられぬ。采配の朝令暮改でチーム全体が浮足立った。阿部をキャッチャーに戻したせいでまたもや故障離脱。それになんだあのフランシスコってのは! 打てない守れない、振る舞いはわがまま放題。ビデオで打撃を見て「うん! これは使える!」と判断したのが原だというから、「原巨人」も底が知れるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る