ここ6試合で11三振…日ハムが“打者”大谷に見切りをつける日

公開日: 更新日:

 そろそろ我慢も限界じゃないか。指名打者として中軸を任せられながら、打率1割7分5厘と低空飛行を続ける日本ハム大谷翔平(20)のことだ。

 ヒットが出ないだけならまだしも、バットがボールに当たらない。21日のソフトバンク戦は、4打数無安打、3三振。今回の首位攻防3連戦は計12打数1安打、7三振。中軸のバットがサッパリだったこともあって、チームは首位の座を明け渡した。最近6試合の大谷は23打数3安打、11三振。ほぼ2打席に1度の割合で三振している。

 プロ2年目の昨年は投手として11勝(4敗)しながら、野手でも87試合に出場して2割7分4厘、10本塁打。「打者としても一流」とメジャーのスカウトも言っている。

 栗山監督が長い目で見て打者としても一人前に育てたい、打てなくても実戦で経験を積ませる必要があると考えるのは分かる。いまの日本ハムの控えに、大谷以上の将来性、素質のある若手がいるかといえば、答えはノーだろう。「育成」を重視するチーム事情も百も承知だが、「今年は何より優勝を狙う」のが最優先。それはフロントと現場で確認されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る