• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ここ6試合で11三振…日ハムが“打者”大谷に見切りをつける日

 そろそろ我慢も限界じゃないか。指名打者として中軸を任せられながら、打率1割7分5厘と低空飛行を続ける日本ハム・大谷翔平(20)のことだ。

 ヒットが出ないだけならまだしも、バットがボールに当たらない。21日のソフトバンク戦は、4打数無安打、3三振。今回の首位攻防3連戦は計12打数1安打、7三振。中軸のバットがサッパリだったこともあって、チームは首位の座を明け渡した。最近6試合の大谷は23打数3安打、11三振。ほぼ2打席に1度の割合で三振している。

 プロ2年目の昨年は投手として11勝(4敗)しながら、野手でも87試合に出場して2割7分4厘、10本塁打。「打者としても一流」とメジャーのスカウトも言っている。

 栗山監督が長い目で見て打者としても一人前に育てたい、打てなくても実戦で経験を積ませる必要があると考えるのは分かる。いまの日本ハムの控えに、大谷以上の将来性、素質のある若手がいるかといえば、答えはノーだろう。「育成」を重視するチーム事情も百も承知だが、「今年は何より優勝を狙う」のが最優先。それはフロントと現場で確認されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る