巨人入り矢貫に“欠陥” 連投きかない理由を日ハムOBバラす

公開日:  更新日:

 今月10日に日本ハムとのトレードで巨人に加入した中継ぎ右腕の矢貫俊之(31)。17日からは一軍練習に参加し、「早く試合で投げてアピールできればいい」と新天地での活躍に意欲を燃やしているが、古巣の日本ハムOBは「最初の数試合はともかく、シーズンを通して結果を出すのは難しいのではないか」と見ている。

 矢貫は13年に57試合の登板で13ホールドを挙げて以降、成績は右肩下がり。昨年は15試合に投げただけ。今季は9試合に登板して防御率3.60。課題の制球難を改善しようと、何度も投球フォームを修正したものの、今でもフォームは崩れたままだという。

「試行錯誤を重ねても、一度壊れたフォームはなかなか元に戻らない」というのだ。全盛時は150キロを超えていた球速も、最近は140キロ台半ば止まり。球威も戻らない。

 矢貫は中継ぎのスペシャリストとはいえ、もともとは先発投手。肩、ヒジの回復力が遅く、連投がききにくいことは球団内で周知の事実だった。10年には右ヒジのクリーニング手術も行った。ヒジに不安があるあまり、理想的なフォームで投げたくても投げられないのだとすれば事態は深刻だ。

 トレードで巨人から日本ハムに移籍した矢野謙次(34)が新天地で躍動しているのとは対照的に、巨人は「欠陥投手」を掴まされてしまったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る