• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人入り矢貫に“欠陥” 連投きかない理由を日ハムOBバラす

 今月10日に日本ハムとのトレードで巨人に加入した中継ぎ右腕の矢貫俊之(31)。17日からは一軍練習に参加し、「早く試合で投げてアピールできればいい」と新天地での活躍に意欲を燃やしているが、古巣の日本ハムOBは「最初の数試合はともかく、シーズンを通して結果を出すのは難しいのではないか」と見ている。

 矢貫は13年に57試合の登板で13ホールドを挙げて以降、成績は右肩下がり。昨年は15試合に投げただけ。今季は9試合に登板して防御率3.60。課題の制球難を改善しようと、何度も投球フォームを修正したものの、今でもフォームは崩れたままだという。

「試行錯誤を重ねても、一度壊れたフォームはなかなか元に戻らない」というのだ。全盛時は150キロを超えていた球速も、最近は140キロ台半ば止まり。球威も戻らない。

 矢貫は中継ぎのスペシャリストとはいえ、もともとは先発投手。肩、ヒジの回復力が遅く、連投がききにくいことは球団内で周知の事実だった。10年には右ヒジのクリーニング手術も行った。ヒジに不安があるあまり、理想的なフォームで投げたくても投げられないのだとすれば事態は深刻だ。

 トレードで巨人から日本ハムに移籍した矢野謙次(34)が新天地で躍動しているのとは対照的に、巨人は「欠陥投手」を掴まされてしまったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る