• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先輩・斎藤佑とは対照的 初勝利の日ハム有原が持つ“強運”

 右ヒジの不安で調整の遅れていた日本ハムのドラフト1位ルーキー、有原航平(22)が15日のオリックス戦で一軍デビュー、6回を4安打2失点に抑えて勝ち投手になった。

 ストレートの最速は150キロ。内容は合格点だったとはいえ、投球数が100球に達した六回表終了時点で打線の援護はなし。降板した有原に黒星が付くはずだったところが、直後の六回裏に中田とハーミッダの連続二塁打に、レアードの2点本塁打で逆転。ベンチで負けが消えたのを見届けた有原は、両手をあげて喜々とした表情だった。

 昨夏痛めた右肘は実は深刻だった。フロントが当初、1年間は棒に振ることも覚悟した。それでも力が抜けているという判断での1位指名だった。自主トレやキャンプで無理をさせなかったことが幸いして肘の状態も回復した。

 早大出のドラフト1位といえば、4年前の斎藤佑樹(26)がそう。いまだにパッとしない斎藤と違って、こちらの早大出はデビュー戦の黒星が消えるし、肘の回復も周囲の想像以上。実力だけでなく運もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る