先輩・斎藤佑とは対照的 初勝利の日ハム有原が持つ“強運”

公開日: 更新日:

 右ヒジの不安で調整の遅れていた日本ハムドラフト1位ルーキー、有原航平(22)が15日のオリックス戦で一軍デビュー、6回を4安打2失点に抑えて勝ち投手になった。

 ストレートの最速は150キロ。内容は合格点だったとはいえ、投球数が100球に達した六回表終了時点で打線の援護はなし。降板した有原に黒星が付くはずだったところが、直後の六回裏に中田とハーミッダの連続二塁打に、レアードの2点本塁打で逆転。ベンチで負けが消えたのを見届けた有原は、両手をあげて喜々とした表情だった。

 昨夏痛めた右肘は実は深刻だった。フロントが当初、1年間は棒に振ることも覚悟した。それでも力が抜けているという判断での1位指名だった。自主トレやキャンプで無理をさせなかったことが幸いして肘の状態も回復した。

 早大出のドラフト1位といえば、4年前の斎藤佑樹(26)がそう。いまだにパッとしない斎藤と違って、こちらの早大出はデビュー戦の黒星が消えるし、肘の回復も周囲の想像以上。実力だけでなく運もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る