日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8勝目もまたまたトラブル…日ハム大谷“100球足”の深刻度

 おい、おい、またかよ……と、そんな声も聞こえてくる。

 日本ハムの大谷翔平(20)が、昨14日のDeNA戦でリーグトップの8勝目(1敗)をマークしたものの、右足首の違和感で途中降板した。

 栗山監督と厚沢投手コーチがベンチを飛び出したのは八回無死一塁から、代打・乙坂に109球目のスライダーを投げた直後。またしても右足がつったかと思ったら、異常が生じたのは右足首だった。マウンドに右足首を引っ掛けたという。右足の異常による途中降板は通算6度目、今季3度目だ。

 今季のトラブルはいずれも札幌ドーム。球数にして100前後で降板するケースが多い。

 大谷の体はまだ、成長途上だ。トレーニングによって年々、体が大きくなっているのは一目瞭然として、実は身長もまだ伸びている。花巻東高時代に診察した医者は「体が完全に出来上がるのは22~23歳くらい」と話したそうだ。日本ハムOBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事