交流戦V逃した日ハム 栗山監督の“熱さ”が選手を潰す

公開日: 更新日:

 今季開幕前、日本ハムの栗山監督(54)が放った言葉が、今になって波紋を呼んでいる。ある球団OBが言う。

「スタッフミーティングで、『今年は全試合、勝ちにいく』と言ったと聞いている。以前から記者などには『オレは捨てゲームは作りたくないんだ』とは話していたが、ミーティングで明言するのは初めて。4年ぶりのリーグ優勝に向けてそれだけ本気なのだろうが……」

 プロ野球はあくまで興行。対外的に最後まで諦めない姿勢を見せることは指揮官として当然でも、実際問題、プロ野球の長いシーズンでは時に捨て試合も必要になる。本気で全試合に勝ちにいこうとすれば、選手がつぶれてしまう。

 すでに日ハムのリリーフ陣は昨季から防御率が悪化しているなど、その兆候が出ている。鍵谷が昨季防御率2.20から、今季は3.92、宮西が2.16から3.38。谷元に至っては1.59から倍以上の3.42だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る