交流戦V逃した日ハム 栗山監督の“熱さ”が選手を潰す

公開日:  更新日:

 今季開幕前、日本ハムの栗山監督(54)が放った言葉が、今になって波紋を呼んでいる。ある球団OBが言う。

「スタッフミーティングで、『今年は全試合、勝ちにいく』と言ったと聞いている。以前から記者などには『オレは捨てゲームは作りたくないんだ』とは話していたが、ミーティングで明言するのは初めて。4年ぶりのリーグ優勝に向けてそれだけ本気なのだろうが……」

 プロ野球はあくまで興行。対外的に最後まで諦めない姿勢を見せることは指揮官として当然でも、実際問題、プロ野球の長いシーズンでは時に捨て試合も必要になる。本気で全試合に勝ちにいこうとすれば、選手がつぶれてしまう。

 すでに日ハムのリリーフ陣は昨季から防御率が悪化しているなど、その兆候が出ている。鍵谷が昨季防御率2.20から、今季は3.92、宮西が2.16から3.38。谷元に至っては1.59から倍以上の3.42だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る