• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レ軍前監督ワシントン氏が初めて語るダルビッシュの“素顔”

 ダルビッシュ有(28)のボスとして知られたレンジャーズのロン・ワシントン前監督(63)。開幕から低迷した昨季は9月5日、シーズン終了を待たずに辞任。今年5月には06年までコーチとして所属したアスレチックスの特別内野守備インストラクターに就任した。ダルが12年に渡米して以来、3年間にわたって間近で見てきた、かつての指揮官を直撃した。

――右肘の手術で今季は棒に振りましたが、監督としてダルをどう見ていましたか?

「ダルは見事にこちらにアジャストした。最初のころ、彼は自分の母国に対し『自分がアメリカでやれる』ということを、アメリカには『自分がここでできる』ということを証明しようと頑張っていたように私は思った」

――結果を残さなくてはいけないと気負っていたということですか?

「1年目の前半戦が終わりに近づく頃に、彼は自分が納得させなくてはいけないのは自分自身だと気付いたようだった。自分はユウ・ダルビッシュである、ということをね。その後は、ずっとユウ・ダルビッシュであり続けた。彼は適応するための移行期を経験せねばならなかったが、それをとてもうまくやったと思う。でも最初のころは、彼は、“誰をも納得させねば”という気持ちがあったのだろうと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る