復帰決定も執拗マーク ジャイアンツ青木を再び襲う“死球禍”

公開日:  更新日:

 右足腓骨を骨折して故障者リスト(DL)入りしているジャイアンツ・青木宣親(33)に復帰のメドが立った。

 ボウチー監督は20日(日本時間21日)、遠征先のサンディエゴで「スイングや患部の状態が良好であれば、24日にも戦列に戻るだろう」と明言。明日から2日続けて傘下の3Aサクラメントの試合に出場し、順調なら24日(同25日)のアスレチックス戦で復帰する。

 今季の青木は開幕から好調で、6月20日に死球を受けて離脱するまでは67試合で262打数83安打の打率3割1分7厘、33得点、12盗塁。復帰後は前半戦のように打線の牽引役として期待されるが、再び死球禍に遭いかねない。前半戦はチーム2位の5死球。首位打者争いにも名を連ねただけに、相手バッテリーから執拗にマークされているからだ。

 ジャイアンツの8月以降の対戦相手は死球の多い投手陣ばかり。青木の復帰3カード目のレンジャーズはメジャーワースト3位の38個。8月下旬には同ワーストタイの41個を記録しているパイレーツとの3連戦が組まれている(記録は19日終了時)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る