日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰決定も執拗マーク ジャイアンツ青木を再び襲う“死球禍”

 右足腓骨を骨折して故障者リスト(DL)入りしているジャイアンツ・青木宣親(33)に復帰のメドが立った。

 ボウチー監督は20日(日本時間21日)、遠征先のサンディエゴで「スイングや患部の状態が良好であれば、24日にも戦列に戻るだろう」と明言。明日から2日続けて傘下の3Aサクラメントの試合に出場し、順調なら24日(同25日)のアスレチックス戦で復帰する。

 今季の青木は開幕から好調で、6月20日に死球を受けて離脱するまでは67試合で262打数83安打の打率3割1分7厘、33得点、12盗塁。復帰後は前半戦のように打線の牽引役として期待されるが、再び死球禍に遭いかねない。前半戦はチーム2位の5死球。首位打者争いにも名を連ねただけに、相手バッテリーから執拗にマークされているからだ。

 ジャイアンツの8月以降の対戦相手は死球の多い投手陣ばかり。青木の復帰3カード目のレンジャーズはメジャーワースト3位の38個。8月下旬には同ワーストタイの41個を記録しているパイレーツとの3連戦が組まれている(記録は19日終了時)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事