• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右投手の外角球に手応え ジャイアンツ青木「安打量産」の秘密

 オールスター出場どころか首位打者も狙える位置につけている。

 ここにきて安打を量産するジャイアンツ・青木宣親(33)。28日(日本時間29日)のブレーブス戦では2安打を放ち、5戦連続マルチ安打。ここまで184打数60安打の打率3割2分6厘はリーグ6位、60安打はチームトップだ。

 安打量産の根底にあるのは打撃技術の向上だろう。

 メジャー移籍後の青木は意外にも右投手を苦にしており、昨季までの対戦成績は左腕が打率3割1分9厘なのに対して右腕は2割7分3厘だった。

 それが今季は対左3割1分9厘、対右3割2分8厘と、どちらも結果を残している。これは右投手の外寄りの変化球をさばけるようになったことが大きいという。

 昨季までの青木は外角の変化球に対して踏み込めずに、凡打を繰り返していた。死球を恐れて思い切ったスイングができなかった。それがメジャー4年目で投手の球筋に慣れ、相手バッテリーの配球も読めるようになってきた。いまでは外角チェンジアップも躊躇せず踏み込んで攻略している。

 親しい関係者には「外角球でも踏み込めるようになった」と手応えを口にしているそうだ。

 イチローに代わって「安打製造機」と呼ばれる日も遠くないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る