• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右投手の外角球に手応え ジャイアンツ青木「安打量産」の秘密

 オールスター出場どころか首位打者も狙える位置につけている。

 ここにきて安打を量産するジャイアンツ・青木宣親(33)。28日(日本時間29日)のブレーブス戦では2安打を放ち、5戦連続マルチ安打。ここまで184打数60安打の打率3割2分6厘はリーグ6位、60安打はチームトップだ。

 安打量産の根底にあるのは打撃技術の向上だろう。

 メジャー移籍後の青木は意外にも右投手を苦にしており、昨季までの対戦成績は左腕が打率3割1分9厘なのに対して右腕は2割7分3厘だった。

 それが今季は対左3割1分9厘、対右3割2分8厘と、どちらも結果を残している。これは右投手の外寄りの変化球をさばけるようになったことが大きいという。

 昨季までの青木は外角の変化球に対して踏み込めずに、凡打を繰り返していた。死球を恐れて思い切ったスイングができなかった。それがメジャー4年目で投手の球筋に慣れ、相手バッテリーの配球も読めるようになってきた。いまでは外角チェンジアップも躊躇せず踏み込んで攻略している。

 親しい関係者には「外角球でも踏み込めるようになった」と手応えを口にしているそうだ。

 イチローに代わって「安打製造機」と呼ばれる日も遠くないかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る