ジャイアンツ青木好発進も…リードオフマンを襲う“死球禍”

公開日: 更新日:

 新天地で好調なスタートを切ったのがジャイアンツの青木宣親(33)だ。現地時間9日(日本時間10日)、敵地でのパドレス戦に「1番・左翼」で先発出場。延長11回の第5打席でライトへの安打を放ち、開幕からの連続試合安打を4に伸ばした。打率.412をマークし、リードオフマンとしてチームに貢献している。

 好調の要因について青木は「毎日、コンディションを整えて試合に臨めているのが大きい」と説明したが、今後は万全の状態で出場できるとは限らない。

 俊足巧打の青木は相手投手にとっては煙たい存在だ。12年に渡米してからは内角の厳しいコースを突かれるのは珍しくない。長距離砲でないにもかかわらず、相手バッテリーに狙われており、死球はブルワーズ時代の12年(13個)、13年(11個)はいずれもチーム最多。リーグ優勝に貢献した昨季のロイヤルズでは6個でチーム2位だった。故意ではないにしろ、6月5日のカージナルス戦ではモリーナ捕手の投手への返球を頭にぶつけられ、しばらく動けなかったこともあった。

 昨季、ワールドシリーズを制したジャイアンツは今季も充実した戦力を誇る。開幕前の下馬評ではドジャースと並んで多くのアナリストがナ・リーグ西地区の優勝候補に挙げた。昨季までの5年間で3度のワールドシリーズ制覇を果たしているだけに、ライバル球団のマークが厳しくなって当然。

 中でも青木は打線の牽引役だけに相手バッテリーから死球攻めにさらされる可能性はある。リードオフマンを故障で欠くことになればジャイアンツの連覇には黄信号が点く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?