2戦ぶりマルチのジャイアンツ青木 “不安定起用”で好調継続

公開日:  更新日:

 今やナ・リーグを代表するリードオフマンの勢いが止まらない。

 ジャイアンツ・青木宣親(33)が3日(日本時間4日)のパイレーツ戦で5打数2安打と2戦ぶりのマルチを記録。3戦連続安打で打率を3割1分4厘とした。

 今季は開幕から「1番・左翼」で起用されているものの、「レギュラー争いをしているぐらいの意識」と、本人に定位置をつかんだという実感はない。

 それも当然で、必ずしもレギュラーとして扱われていないからだ。5月に入って調子を崩して打率を今季最低の2割7分5厘まで下げると、14日からのレッズ戦では3戦連続スタメン落ち。代わって左翼で出場したブランコに結果が出なかったため、17日からスタメン復帰したが、一時はレギュラーを剥奪されてもおかしくない状況だった。

 ジャイアンツの外野陣は青木を含めて5人。中堅パガン、右翼ペンスの主力に加え、5人目の外野手であるマクスウェルが3本塁打を放つなど、層が厚い。当然、チーム内での競争は熾烈で、青木だけでなく開幕から3割5分近い打率をキープしたパガンですら調子を崩した途端、スタメン落ちしたこともあった。青木も「自分の代わりはいくらでもいる」と話しているほどで、主力であっても毎試合、気の抜けない状況が続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る