日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3勝目逃すも…ますます高まるマリナーズ岩隈の市場価値

 マリナーズ・岩隈久志(34)が調子を上げ始めた。23日のタイガース戦は7回を6安打2失点。勝敗は付かなかったが、この試合の前までメジャートップのチーム打率2割8分の強力打線を相手に持ち前の粘り強さを披露。相手のエースで12年のサイ・ヤング賞左腕プライスとも互角に投げ合った。

 今季3勝目はならなかったものの岩隈は「しっかりインサイドを攻められたので良かった。相手がエースなので負けたくなかった」と満足そうに振り返った。

 チームは首位エンゼルスと10.5ゲーム差のア・リーグ西地区4位。ポストシーズン進出は厳しい状況で、7月末のトレード期限が迫る中、岩隈は先発補強を目指す他球団から注目を集めている。この日の好投で一気にトレード市場の主役に躍り出そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事