• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕3戦勝ちなし…マリナーズ岩隈の制球狂わす“0.5秒の差”

 ベテラン右腕が苦戦を強いられている。

 マリナーズの岩隈久志(34)が20日(日本時間21日)、本拠地でのアストロズ戦に今季初勝利をかけて登板。6回途中に勝利投手の権利を持って降板したが、その後チームは逆転され、今季初勝利はならなかった。試合も5-7で敗れ、チームの連勝は2でストップした。

 メジャー4年目の今季はここまで3試合(計16回3分の1)に登板して0勝1敗、防御率6.61と不安定な投球が続いている。

 落差を大きくするため握りを変えたスプリットの制球が安定しないことも不振の一因だが、もう一つ、メジャーのルール変更も無関係ではない。MLBは今季から、試合時間短縮のため投手には「20秒ルール」の厳守を求めている。

 昨季の岩隈は捕手の返球を受けてから投球を開始するまでに平均24.7秒でメジャーワースト9位。今季は2試合平均で24.2秒とやや改善したものの、このわずかな差でマウンドでの感覚が狂っている可能性があるとみられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る