開幕3戦勝ちなし…マリナーズ岩隈の制球狂わす“0.5秒の差”

公開日:  更新日:

 ベテラン右腕が苦戦を強いられている。

 マリナーズの岩隈久志(34)が20日(日本時間21日)、本拠地でのアストロズ戦に今季初勝利をかけて登板。6回途中に勝利投手の権利を持って降板したが、その後チームは逆転され、今季初勝利はならなかった。試合も5-7で敗れ、チームの連勝は2でストップした。

 メジャー4年目の今季はここまで3試合(計16回3分の1)に登板して0勝1敗、防御率6.61と不安定な投球が続いている。

 落差を大きくするため握りを変えたスプリットの制球が安定しないことも不振の一因だが、もう一つ、メジャーのルール変更も無関係ではない。MLBは今季から、試合時間短縮のため投手には「20秒ルール」の厳守を求めている。

 昨季の岩隈は捕手の返球を受けてから投球を開始するまでに平均24.7秒でメジャーワースト9位。今季は2試合平均で24.2秒とやや改善したものの、このわずかな差でマウンドでの感覚が狂っている可能性があるとみられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る