開幕3戦勝ちなし…マリナーズ岩隈の制球狂わす“0.5秒の差”

公開日: 更新日:

 ベテラン右腕が苦戦を強いられている。

 マリナーズの岩隈久志(34)が20日(日本時間21日)、本拠地でのアストロズ戦に今季初勝利をかけて登板。6回途中に勝利投手の権利を持って降板したが、その後チームは逆転され、今季初勝利はならなかった。試合も5-7で敗れ、チームの連勝は2でストップした。

 メジャー4年目の今季はここまで3試合(計16回3分の1)に登板して0勝1敗、防御率6.61と不安定な投球が続いている。

 落差を大きくするため握りを変えたスプリットの制球が安定しないことも不振の一因だが、もう一つ、メジャーのルール変更も無関係ではない。MLBは今季から、試合時間短縮のため投手には「20秒ルール」の厳守を求めている。

 昨季の岩隈は捕手の返球を受けてから投球を開始するまでに平均24.7秒でメジャーワースト9位。今季は2試合平均で24.2秒とやや改善したものの、このわずかな差でマウンドでの感覚が狂っている可能性があるとみられているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る