「制球アーティスト」と米で絶賛 岩隈久志は年俸20億円へ

公開日:  更新日:

 サイ・ヤング賞右腕ヘルナンデスと並ぶ抜群の安定感は、他球団の監督や米メディアから高く評価されている。

 野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の監督投票では「最も制球力がある投手」で2位にランクされた。昨季の与四球はわずか21個。160イニング以上を投げたア、ナ両リーグの投手ではツインズのヒューズ(16与四球)に次ぐ少なさだ。制球力を示す指標である「K/BB」(奪三振÷与四球)は7.33(3.5以上で一流投手といわれる)でメジャー3位。8日付全国紙「USA TODAY」は岩隈を「コントロール・アーティスト」として取り上げ、ヘルナンデスとともにマリナーズ投手陣を牽引すると予想している。

■打線の援護次第では今季20勝も

 昨季のチーム総得点はリーグ12位の634。貧打に泣かされただけに、オフは昨年の本塁打王(40本)クルーズ(34=前オリオールズ)を獲得するなど打線の底上げを図った。昨季15勝9敗だった岩隈にとって、目標に掲げる20勝は決して不可能な数字ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る