• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「制球アーティスト」と米で絶賛 岩隈久志は年俸20億円へ

 サイ・ヤング賞右腕ヘルナンデスと並ぶ抜群の安定感は、他球団の監督や米メディアから高く評価されている。

 野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の監督投票では「最も制球力がある投手」で2位にランクされた。昨季の与四球はわずか21個。160イニング以上を投げたア、ナ両リーグの投手ではツインズのヒューズ(16与四球)に次ぐ少なさだ。制球力を示す指標である「K/BB」(奪三振÷与四球)は7.33(3.5以上で一流投手といわれる)でメジャー3位。8日付全国紙「USA TODAY」は岩隈を「コントロール・アーティスト」として取り上げ、ヘルナンデスとともにマリナーズ投手陣を牽引すると予想している。

■打線の援護次第では今季20勝も

 昨季のチーム総得点はリーグ12位の634。貧打に泣かされただけに、オフは昨年の本塁打王(40本)クルーズ(34=前オリオールズ)を獲得するなど打線の底上げを図った。昨季15勝9敗だった岩隈にとって、目標に掲げる20勝は決して不可能な数字ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る