• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勢力図変わった甲子園 3年連続で夏に初戦敗退の都道府県は

投稿日:  更新日:

 高校野球はかつて、西が圧倒的に強かった。北の方の学校は甲子園の砂を拾いにいくだけなんていわれたこともあったものの、最近は勢力図が変わってきた。

 12~14年の夏の甲子園の初戦の成績を調べてみると、3年以上続けて敗退した都道府県は全部で5つ。

 1つは北北海道で、残りの4つはすべて西日本勢。具体的には和歌山、広島、香川、大分の代表がいずれも初戦で姿を消している。

 もちろん、クジ運もある。ベスト4に入る力があっても、初戦でそれ以上に強い学校と当たれば歯が立たない。

 しかし、かつて野球どころといわれた広島や和歌山も含め、5代表のうち今年の春のセンバツに出場した学校は英明(香川)と桐蔭(和歌山)の2校。2校とも初戦敗退だし、桐蔭は21世紀枠だった。

 5代表は他の都道府県と比べて地盤沈下が著しいとみることもできそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る