勢力図変わった甲子園 3年連続で夏に初戦敗退の都道府県は

公開日: 更新日:

 高校野球はかつて、西が圧倒的に強かった。北の方の学校は甲子園の砂を拾いにいくだけなんていわれたこともあったものの、最近は勢力図が変わってきた。

 12~14年の夏の甲子園の初戦の成績を調べてみると、3年以上続けて敗退した都道府県は全部で5つ。

 1つは北北海道で、残りの4つはすべて西日本勢。具体的には和歌山、広島、香川、大分の代表がいずれも初戦で姿を消している。

 もちろん、クジ運もある。ベスト4に入る力があっても、初戦でそれ以上に強い学校と当たれば歯が立たない。

 しかし、かつて野球どころといわれた広島や和歌山も含め、5代表のうち今年の春のセンバツに出場した学校は英明(香川)と桐蔭(和歌山)の2校。2校とも初戦敗退だし、桐蔭は21世紀枠だった。

 5代表は他の都道府県と比べて地盤沈下が著しいとみることもできそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る