甲子園“激戦区”も今は昔…神奈川県予選レベルダウンの正体

公開日: 更新日:

「神奈川県が高校野球激戦区と呼ばれたのは、つい最近までですよ」

 こう話すのは神奈川県の高野連関係者。かつては横浜高校を筆頭に、東海大相模、慶応、桐蔭、横浜隼人などの強豪校がひしめいていたが……。

「確かに激戦は繰り広げられていますが、果たしてレベルが高いかどうか……。ひとつは横浜高校のレベルダウン。剛腕の小倉部長が退部し、渡辺監督も今季限り。だから、選手集めも昔のようにはいっていない。神奈川県の強豪校は『打倒横浜』を掲げて追いつけ追い越せと切磋琢磨してきただけに、肝心の目標が凋落してはそうした相乗効果も落ちてきています」

 理由はもうひとつある。

「東海大相模の1強になりつつあるからです。選手集めにはカネがかかる。打倒横浜時代は何とか頑張っていた周辺高校も、東海大相模を倒すだけの体力はもうない。県内の中学生も、『甲子園に出るなら東海大相模。進学できなけりゃ他県の高校に行く』という子が多い」(前出の高野連関係者)

 神奈川県で期待していいのは東海大相模が出てきたときだけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る