• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

準決勝で投げず敗戦…県岐阜商・高橋のプロ評価はガタ落ち

 今秋のドラフト超目玉候補、最速152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)は、24日の準決勝・斐太戦で登板機会のないまま夏を終えた。

 大会前に痛めた左太もも裏肉離れの影響で、この日もベンチスタート。初回に3点を先制される苦しい展開に、キャッチボールを開始したものの、最後まで投げることなく、3―4で敗退した。

 高橋の夏の予選は、準々決勝・中京戦の1回3分の2のみ。視察したパ・リーグのあるスカウトは「軽く投げて140キロ台後半。モノが違うかなと思いますが……」とこう続けた。

「起用法は監督が決めることで、本人は投げたいと直訴していたかもしれない。でも、投げないで終わってしまった。肩、ヒジの故障ではないし、下半身を使って投げていなかったとはいえ、準々決勝で登板しているわけだから、チームが劣勢なら、多少の無理はしても投げて欲しかったというのはありますね。状態が悪くても、チームを勝たせるんだという気概は、プロに入ってからさらに必要になる要素なんです。どんな事情があれ、プロ側の評価は落ちたと言わざるを得ません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る