準決勝で投げず敗戦…県岐阜商・高橋のプロ評価はガタ落ち

公開日:  更新日:

 今秋のドラフト超目玉候補、最速152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)は、24日の準決勝・斐太戦で登板機会のないまま夏を終えた。

 大会前に痛めた左太もも裏肉離れの影響で、この日もベンチスタート。初回に3点を先制される苦しい展開に、キャッチボールを開始したものの、最後まで投げることなく、3―4で敗退した。

 高橋の夏の予選は、準々決勝・中京戦の1回3分の2のみ。視察したパ・リーグのあるスカウトは「軽く投げて140キロ台後半。モノが違うかなと思いますが……」とこう続けた。

「起用法は監督が決めることで、本人は投げたいと直訴していたかもしれない。でも、投げないで終わってしまった。肩、ヒジの故障ではないし、下半身を使って投げていなかったとはいえ、準々決勝で登板しているわけだから、チームが劣勢なら、多少の無理はしても投げて欲しかったというのはありますね。状態が悪くても、チームを勝たせるんだという気概は、プロに入ってからさらに必要になる要素なんです。どんな事情があれ、プロ側の評価は落ちたと言わざるを得ません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る