日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15本目満塁弾に歓喜 西武中村を変えたルーキー年の“1週間”

「打の怪物」が「投の怪物」を木っ端みじんに打ち砕いた。

 24日の日本ハム戦で縦横無尽の活躍を見せたのが西武の中村(31)。先頭打者の四回、160キロ右腕の大谷が投じた158キロの外角低めを見送ると、甘く入ったスライダーをひと振り。左翼上段に滞空時間の長いアーチをかけ、1000本安打と300号を同時に達成した。

 さらに五回は1死満塁の場面で、159キロの直球を右翼に叩き込むグランドスラム。通算15度目の満塁弾は日本トップタイ。

 あの王貞治(現ソフトバンク会長)に並ぶ大記録を成し遂げた。

 08年に渡辺前監督(現SD)から「常にホームラン狙い」のお墨付きを与えられてからというもの、5度の本塁打王を獲得。それでいて記念球に興味はなく、「客席にボールの返還を求めたことは一度もない」(球団関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事