15本目満塁弾に歓喜 西武中村を変えたルーキー年の“1週間”

公開日:  更新日:

「打の怪物」が「投の怪物」を木っ端みじんに打ち砕いた。

 24日の日本ハム戦で縦横無尽の活躍を見せたのが西武の中村(31)。先頭打者の四回、160キロ右腕の大谷が投じた158キロの外角低めを見送ると、甘く入ったスライダーをひと振り。左翼上段に滞空時間の長いアーチをかけ、1000本安打と300号を同時に達成した。

 さらに五回は1死満塁の場面で、159キロの直球を右翼に叩き込むグランドスラム。通算15度目の満塁弾は日本トップタイ。

 あの王貞治(現ソフトバンク会長)に並ぶ大記録を成し遂げた。

 08年に渡辺前監督(現SD)から「常にホームラン狙い」のお墨付きを与えられてからというもの、5度の本塁打王を獲得。それでいて記念球に興味はなく、「客席にボールの返還を求めたことは一度もない」(球団関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る