15本目満塁弾に歓喜 西武中村を変えたルーキー年の“1週間”

公開日: 更新日:

「打の怪物」が「投の怪物」を木っ端みじんに打ち砕いた。

 24日の日本ハム戦で縦横無尽の活躍を見せたのが西武の中村(31)。先頭打者の四回、160キロ右腕の大谷が投じた158キロの外角低めを見送ると、甘く入ったスライダーをひと振り。左翼上段に滞空時間の長いアーチをかけ、1000本安打と300号を同時に達成した。

 さらに五回は1死満塁の場面で、159キロの直球を右翼に叩き込むグランドスラム。通算15度目の満塁弾は日本トップタイ。

 あの王貞治(現ソフトバンク会長)に並ぶ大記録を成し遂げた。

 08年に渡辺前監督(現SD)から「常にホームラン狙い」のお墨付きを与えられてからというもの、5度の本塁打王を獲得。それでいて記念球に興味はなく、「客席にボールの返還を求めたことは一度もない」(球団関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る