3戦連続弾の西武・中村 「交流戦HR」の5本に1本がハマスタ

公開日: 更新日:

 7日に横浜スタジアムで行われたDeNA戦の四回2死一塁。「カァーン」という甲高い快音を残して打球を左翼スタンドに運んだのが西武の「おかわり」こと中村剛也(31)だ。

 5日の試合からこれで3戦連続弾。今季18号は日本ハム・中田と並んでリーグトップだ。

 中村といえば、横浜スタジアムは「大好物」。今カードの3発を含め、同球場の通算本塁打数は実に14本。自身の交流戦通算本塁打数が計66本だから、約5分の1をこの球場で放ったことになる。

 両翼が94メートルと狭く、本塁打が出やすいうえ、相性も抜群。仮に中村の本拠地が横浜スタジアムなら、シーズン本塁打数の背番号超えも夢じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  4. 4

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  5. 5

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  6. 6

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  7. 7

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

  10. 10

    ファンほど違和感 「まだ結婚できない男」がくすぶる要因

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る