HR300号王手、50発ペースも…西武中村が“心中複雑”なワケ

公開日:  更新日:

 一発の感触を確かめるように、打球の行方を見つめているのは、21日のオリックス戦で自身通算299号となる今季27号を左翼席中段に放った西武の「おかわり」こと中村剛也(31)だ。

 今季はシーズン開幕直後からバットが好調。前半戦だけで26本を放ち、このままのペースなら自身のシーズン最多本塁打(48本)を超える50発も夢ではなくなってきた。

 中村は13年オフに西武と4年総額20億円の複数年契約を結んだ。いくら本塁打を量産したところで、今オフに増えるのは出来高分だけ。ベースアップは17年オフまで見込めない。

 単年契約という「賭け」を避け、安定を取った結果とはいえ、心境は複雑ではないか。もっとも、複数年契約した球団は今頃ニンマリだろうが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る