「32試合連続安打」を捨てて四球選んだ西武・秋山の“矜持”

公開日:  更新日:

 その瞬間、西武プリンスドームがタメ息に包まれた。

 同点の延長十回裏1死走者なし。あと2試合で33試合連続安打のプロ野球記録に並ぶ西武の秋山翔吾(27)は、そこまで4打数ノーヒット。延長戦に入ったおかげで回ってきた5打席目は、しかし、四球だった。この瞬間、連続試合安打は「31」でストップした。

 マウンド上は楽天の青山。フルカウントからの6球目は、外角にわずか外れたストレート。秋山のバットコントロールをもってすれば安打も狙えた球だった。

「打っていいという指示があったんですけど、やっぱり(チームが)連敗している中で、自分勝手なバッティングはできない。チームの流れも悪くなるので。我慢しました」とはヒーローインタビューでの本人。

 そしてベンチ裏に戻ると、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る