日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「32試合連続安打」を捨てて四球選んだ西武・秋山の“矜持”

 その瞬間、西武プリンスドームがタメ息に包まれた。

 同点の延長十回裏1死走者なし。あと2試合で33試合連続安打のプロ野球記録に並ぶ西武の秋山翔吾(27)は、そこまで4打数ノーヒット。延長戦に入ったおかげで回ってきた5打席目は、しかし、四球だった。この瞬間、連続試合安打は「31」でストップした。

 マウンド上は楽天の青山。フルカウントからの6球目は、外角にわずか外れたストレート。秋山のバットコントロールをもってすれば安打も狙えた球だった。

「打っていいという指示があったんですけど、やっぱり(チームが)連敗している中で、自分勝手なバッティングはできない。チームの流れも悪くなるので。我慢しました」とはヒーローインタビューでの本人。

 そしてベンチ裏に戻ると、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事