• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スカウト熱視線も メジャー志向なき西武中村をどう口説く?

 西武の主砲・中村剛也(31)が6日のオリックス戦で大爆発を見せた。

 第1打席で左翼席中段に7号2ランを放つと、六回の第4打席でも左翼席に豪快な2ラン。4月2日の楽天戦に続く今季2度目の1試合2発を含む5打数3安打5打点の活躍で、チームの6連勝に貢献した。

 そんな中村に注目しているのがメジャースカウトだ。

 日本屈指の長距離砲はそのパワーもさることながら、下半身の高速回転や手首の返しを使った高難度のスイングをしていることから、打球をピンポン球のようにスタンドに放り込む。おまけに一塁、三塁もこなせるとあって使い勝手もいい。すでに複数のメジャー球団が調査に動き始めているのだ。

 とはいえ、メジャー志向がほとんどなく、西武と13年オフに結んだ「4年総額20億円」の契約を2年以上残す「おかわり」をどうやってメジャー側は口説くのか。ある球団関係者は「奥さんと西武の懐事情が重なれば可能かもしれません」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る