スカウト熱視線も メジャー志向なき西武中村をどう口説く?

公開日:  更新日:

 西武の主砲・中村剛也(31)が6日のオリックス戦で大爆発を見せた。

 第1打席で左翼席中段に7号2ランを放つと、六回の第4打席でも左翼席に豪快な2ラン。4月2日の楽天戦に続く今季2度目の1試合2発を含む5打数3安打5打点の活躍で、チームの6連勝に貢献した。

 そんな中村に注目しているのがメジャースカウトだ。

 日本屈指の長距離砲はそのパワーもさることながら、下半身の高速回転や手首の返しを使った高難度のスイングをしていることから、打球をピンポン球のようにスタンドに放り込む。おまけに一塁、三塁もこなせるとあって使い勝手もいい。すでに複数のメジャー球団が調査に動き始めているのだ。

 とはいえ、メジャー志向がほとんどなく、西武と13年オフに結んだ「4年総額20億円」の契約を2年以上残す「おかわり」をどうやってメジャー側は口説くのか。ある球団関係者は「奥さんと西武の懐事情が重なれば可能かもしれません」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る