• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スカウト熱視線も メジャー志向なき西武中村をどう口説く?

 西武の主砲・中村剛也(31)が6日のオリックス戦で大爆発を見せた。

 第1打席で左翼席中段に7号2ランを放つと、六回の第4打席でも左翼席に豪快な2ラン。4月2日の楽天戦に続く今季2度目の1試合2発を含む5打数3安打5打点の活躍で、チームの6連勝に貢献した。

 そんな中村に注目しているのがメジャースカウトだ。

 日本屈指の長距離砲はそのパワーもさることながら、下半身の高速回転や手首の返しを使った高難度のスイングをしていることから、打球をピンポン球のようにスタンドに放り込む。おまけに一塁、三塁もこなせるとあって使い勝手もいい。すでに複数のメジャー球団が調査に動き始めているのだ。

 とはいえ、メジャー志向がほとんどなく、西武と13年オフに結んだ「4年総額20億円」の契約を2年以上残す「おかわり」をどうやってメジャー側は口説くのか。ある球団関係者は「奥さんと西武の懐事情が重なれば可能かもしれません」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る