• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひさびさ打線爆発の巨人に2ケタ得点喜べない“不吉データ”

 巨人打線が珍しく爆発した。

 28日、松山で行われたDeNA戦で、片岡が5安打、亀井が3打点、長野、阿部には2者連続本塁打が飛び出すなど、打ちも打ったり16安打。今季最多タイの11得点で愛媛の巨人ファンを多いに喜ばせた。

 原監督は「このところ得点力という点でね。今日を境にいい兆候が出るといい」とご満悦。が、そこはチーム打率が12球団最低の.239にあえぐ巨人。1試合打っても、それが続かないのが今季の傾向でもある。

 これまで「2ケタ安打」の次の試合は10勝10敗。強力打線を誇っていた頃なら、翌日以降も勢いに乗っていきそうなもの。だが、五分の成績にするのがやっとで、これが「2ケタ得点」の次となると、傾向が顕著に表れる。

 といっても、今季の2ケタ得点はたったの4試合。その次の試合は3-5、2-3、4-5、2-4と、いずれも接戦で4戦全敗である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る