亀井は後半戦18打席無安打 連敗巨人から「4番」がまた消える

公開日: 更新日:

 後半戦の開幕を翌日に控えた19日に巨人の原監督はこう言っていた。

「打球が強くなってきている。今までは打球が弱すぎた。だから非常に期待感がある。いい兆し。プラス材料だと思う」

 不振を極める打線の状態が確実に上向いていると喜んでいたのだが、阪神に連敗した昨22日の試合もわずか2得点。6回6安打3四球と決して調子の良くなかった阪神先発の能見をとらえ切れなかった。この3連戦の得点は20日の初戦から2、1、2。いい兆しどころか、貧打に拍車がかかった印象である。

「この3連戦、2点で勝つのは難しい。ミスや点を取られた投手も反省しなければいけないけど、根本的には3連戦で(最大)2点しか取れていないのが現状でしょ」

 試合後、3日前とは打って変わった口調と表情で低調な打線を嘆いた原監督。チーム関係者がこう引き継ぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る