亀井は後半戦18打席無安打 連敗巨人から「4番」がまた消える

公開日:  更新日:

 後半戦の開幕を翌日に控えた19日に巨人の原監督はこう言っていた。

「打球が強くなってきている。今までは打球が弱すぎた。だから非常に期待感がある。いい兆し。プラス材料だと思う」

 不振を極める打線の状態が確実に上向いていると喜んでいたのだが、阪神に連敗した昨22日の試合もわずか2得点。6回6安打3四球と決して調子の良くなかった阪神先発の能見をとらえ切れなかった。この3連戦の得点は20日の初戦から2、1、2。いい兆しどころか、貧打に拍車がかかった印象である。

「この3連戦、2点で勝つのは難しい。ミスや点を取られた投手も反省しなければいけないけど、根本的には3連戦で(最大)2点しか取れていないのが現状でしょ」

 試合後、3日前とは打って変わった口調と表情で低調な打線を嘆いた原監督。チーム関係者がこう引き継ぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る