• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

亀井は後半戦18打席無安打 連敗巨人から「4番」がまた消える

 後半戦の開幕を翌日に控えた19日に巨人の原監督はこう言っていた。

「打球が強くなってきている。今までは打球が弱すぎた。だから非常に期待感がある。いい兆し。プラス材料だと思う」

 不振を極める打線の状態が確実に上向いていると喜んでいたのだが、阪神に連敗した昨22日の試合もわずか2得点。6回6安打3四球と決して調子の良くなかった阪神先発の能見をとらえ切れなかった。この3連戦の得点は20日の初戦から2、1、2。いい兆しどころか、貧打に拍車がかかった印象である。

「この3連戦、2点で勝つのは難しい。ミスや点を取られた投手も反省しなければいけないけど、根本的には3連戦で(最大)2点しか取れていないのが現状でしょ」

 試合後、3日前とは打って変わった口調と表情で低調な打線を嘆いた原監督。チーム関係者がこう引き継ぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る