• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

亀井は後半戦18打席無安打 連敗巨人から「4番」がまた消える

 後半戦の開幕を翌日に控えた19日に巨人の原監督はこう言っていた。

「打球が強くなってきている。今までは打球が弱すぎた。だから非常に期待感がある。いい兆し。プラス材料だと思う」

 不振を極める打線の状態が確実に上向いていると喜んでいたのだが、阪神に連敗した昨22日の試合もわずか2得点。6回6安打3四球と決して調子の良くなかった阪神先発の能見をとらえ切れなかった。この3連戦の得点は20日の初戦から2、1、2。いい兆しどころか、貧打に拍車がかかった印象である。

「この3連戦、2点で勝つのは難しい。ミスや点を取られた投手も反省しなければいけないけど、根本的には3連戦で(最大)2点しか取れていないのが現状でしょ」

 試合後、3日前とは打って変わった口調と表情で低調な打線を嘆いた原監督。チーム関係者がこう引き継ぐ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る