日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チグハグ巨人の象徴…原監督“直接指令”も坂本バント空振り

 評論家の権藤博氏は、巨人が本来の力を発揮するために必要なのは「原監督の我慢だ。選手の格を信じてジタバタしないこと」と言っている。

 なるほどこういうことかというシーンが、巨人の連勝で迎えた昨26日の広島戦であった。

 0-0で迎えた六回無死一、二塁のチャンス。打席に坂本が入った。チームトップの打率.275、43打点の3番打者。前日25日の試合で先制の8号2ランを放ち、「少しずつ良くなってきた」と笑顔を見せていたポイントゲッターにしかし、ベンチの原監督は犠打を命じたのだ。

 結果は最悪だった。初球、坂本は145キロの真ん中の直球をバントで空振り。飛び出した二塁走者の立岡が捕手からの送球で殺された。結局、坂本は遊ゴロに倒れて無得点。その裏、好投を続けていた先発の高卒2年目左腕、19歳の田口が梵に2点本塁打を打たれ、試合の流れは一気に広島に傾いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事