マーリンズは5連敗低迷も 好調イチローはいよいよ本領発揮

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)が調子を上げてきた。

 7日(日本時間8日)のブレーブス戦に「6番、右翼」でスタメン出場し、4打数1安打、1得点をマーク。チームは逆転負けを喫し5連敗となったものの、連続試合安打を6に伸ばした。

 チームが低迷する中、気を吐くベテラン外野手は「野球は団体競技でもあるけど個人競技でもある。そこをきっちりやらないと本当に終わり」と前向きな姿勢を崩さないが、それも当然だろう。

 何しろ、メジャー通算3000安打まで残り100本を切ったイチローにとって、チームの低迷はむしろ好都合。徹底して個人成績を追求できるからだ。

 実際、マリナーズ時代のイチローはチームが早々とポストシーズン進出争いから脱落する中、黙々と仕事をこなした。不動のリードオフマンを務めながら、自分の打撃スタイルに徹し、10年連続200安打を達成。首位打者(01、04年)、シルバースラッガー賞(01、07、09年)など数々の個人タイトルも受賞した。チーム状況に関係なく、個人成績を残せるのはマリナーズ時代に証明済みだ。

 マーリンズは7月末に先発のヘーレン(現カブス)、レートス(同ドジャース)の両右腕ら主力を相次いで放出。今後、上がり目は期待しにくく、借金はますます膨らみかねない。

 イチローは今後、ますます本領を発揮しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る