女子400mメドレーリレー日本は失格 渡部香生子が痛恨ミス

公開日:  更新日:

 金メダリストが致命的なミスを犯した。

 女子400メートルメドレーリレー決勝で日本女子は3分59秒46で8チーム中8番手でゴール。リオ五輪の出場権は上位12チームに与えられる。決勝進出を決めた時点でほぼ手中に収めていたが、実は第2泳者で200メートル平泳ぎ金メダリストの渡部香生子がスタートを焦って、引き継ぎ違反になり失格。土壇場でリオの出場権を逃した。

 トップと2秒差を付けられた第1泳者の赤瀬紗也香の出遅れを取り戻そうと焦りが生じたのだろう。赤瀬がゴールする前に飛び込む痛恨のミス。最後まで泳ぎ切ったが、エースの失格で順位もタイムも認められなかった。

 レース後の渡部は基本的なミスに「次は同じ失敗をしないように慎重にいきたい。この経験を無駄にしないようにしたい」と涙ながらに話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る