女子200mバタフライ決勝 星奈津美が難病乗り越え“金”

公開日: 更新日:

 ロンドン五輪銅メダリストが意外にも3度目の挑戦でついに頂点に立った。

 水泳の世界選手権(ロシア・カザン)は6日(日本時間7日未明)、女子200メートルバタフライ決勝を行い、星奈津美(24)が2分5秒56で優勝。日本勢として今大会初の金メダルで日本水泳連盟の規定をクリアし、来年のリオ五輪代表に決まった。

 序盤は大きく出遅れながら、持ち味である粘りを発揮。徐々に追い上げて150メートルを3位で通過すると、残り50メートルで海外勢を引き離してトップでゴールした。

 2度目の五輪だったロンドンでは同種目で銅メダルを獲得したが、その後は持病であるバセドー病に苦しんだ。甲状腺ホルモンが過剰になり、首の腫れや動悸、発汗などの症状に悩まされる難病だ。高校時代に発病し、それまでは薬を服用して治療を続けてきたが、昨年11月に甲状腺を摘出する手術を受けた。喉元には今も12センチの傷が残る。しばらくは傷痕を気にして、全力で練習できなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る