期待の瀬戸も予選落ち…日本男子競泳陣はリオ五輪ピンチ

公開日: 更新日:

 お家芸どころか一気に低迷する可能性も出てきた。

 水泳の世界選手権(ロシア・カザニ)は5日(日本時間6日)、競泳種目が行われ、男子200メートルバタフライ決勝で瀬戸大也(21)は1分55秒16で6位に終わった。200メートル個人メドレーでは準決勝で敗退し、連覇がかかる400メートル個人メドレーと合わせて3冠を狙ったが、早くも2種目で敗退。同種目の坂井聖人(20)は1分54秒24で4位だった。

 前日の100メートル背泳ぎで入江陵介が6位に終わるなど不甲斐ない男子とは対照的に女子は好調だ。この日は200メートルバタフライでロンドン五輪銅メダリストの星奈津美(24)が2分6秒36の1位で決勝進出。200メートル個人メドレー銀メダルの渡部香生子(18)に続く表彰台が見えてきた。

 日本競泳陣は「センターポールに日の丸を」をスローガンにメダル量産を目指しているが、来年のリオ五輪で表彰台に上がるのは女子だけという事態になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る