期待の瀬戸も予選落ち…日本男子競泳陣はリオ五輪ピンチ

公開日:  更新日:

 お家芸どころか一気に低迷する可能性も出てきた。

 水泳の世界選手権(ロシア・カザニ)は5日(日本時間6日)、競泳種目が行われ、男子200メートルバタフライ決勝で瀬戸大也(21)は1分55秒16で6位に終わった。200メートル個人メドレーでは準決勝で敗退し、連覇がかかる400メートル個人メドレーと合わせて3冠を狙ったが、早くも2種目で敗退。同種目の坂井聖人(20)は1分54秒24で4位だった。

 前日の100メートル背泳ぎで入江陵介が6位に終わるなど不甲斐ない男子とは対照的に女子は好調だ。この日は200メートルバタフライでロンドン五輪銅メダリストの星奈津美(24)が2分6秒36の1位で決勝進出。200メートル個人メドレー銀メダルの渡部香生子(18)に続く表彰台が見えてきた。

 日本競泳陣は「センターポールに日の丸を」をスローガンにメダル量産を目指しているが、来年のリオ五輪で表彰台に上がるのは女子だけという事態になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る