• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キャディで西山ゆかりの優勝アシスト “芹沢効果”に絶賛の声

【meijiカップ】

 西山ゆかり(33)が鈴木愛(21)との2ホールに及ぶプレーオフを制し、プロ8年目で初優勝を飾った。その瞬間、西山はキャディーを務めた芹沢信雄プロ(55)と手を取り合い、ギャラリーに向かって3度万歳し、喜びを爆発させた。

「夢の中にいるみたい。芹沢さんのおかげで優勝できました」(西山)

 最終日最終組はこれまで2度あったが、緊張から急に体の動きが硬くなり、2度とも優勝を逃していた。そんな西山を好アシストしたのが、日頃から指導する芹沢だった。この日も的確な指示を出す一方で時には笑顔で話し掛け、緊張をほぐすために肩を揉むなど、サポート役に徹した。

 それにしてもプロがバッグを担ぐだけで、こうも簡単に効果が表れるものなのか。田原紘プロがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る