遼も美香も勝負所で入らず…「パットは水物」を羽川プロ解説

公開日:  更新日:

 先週のマルハンカップ太平洋クラブシニアは初日が3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの74で回り42位スタート。

 少しでも順位を上げようと臨んだ2日目は1バーディー、1ボギーの72。

 結局、通算2オーバーとスコアを伸ばすことができず、42位は変わりませんでした。

 2日間とも32度を超える猛暑の中で、シニアプロのみんながよく倒れなかったな、という厳しい環境でしたが、勝った崎山武志は通算13アンダーです。上位陣は暑さに関係なくスコアを出しています。

 私は暑さに集中力を切らして、チャンスホールでバーディーを取り損ねて流れをつかめなかったのが反省点です。本当のことを明かせば先月14日に自宅の風呂場で左足小指をぶつけてからずっとピリピリ痛くて、左足をかばってのスイングで、無意識のうちに右足体重になり当たりもよくなかったのです。その左足小指もだいぶよくなっており、今月末には3連覇のかかったファンケルオープンです。そこに向けて調整していきたいと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る