プロが着る“あんちゃん”ウエアが日本ツアーの品位を落とす

公開日: 更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 アメリカのPGAツアーはティム・フィンチャム氏がコミッショナーに就任してから大きく発展してきたといわれている。

 2001年、太平洋クラブ御殿場コースで開催されたワールドカップの時、来日したフィンチャム氏は次のように語っている。

「アメリカのすべてのスポーツの中でも、PGAツアーのプレーヤーは教養もあって、社会から最も高く評価されている」

 たとえばメジャーリーグを見ていると、常にガムをクチャクチャやって、しきりに唾を吐く。けれどもガムを噛んだり唾を吐いたりしているツアープレーヤーは見たことがない。

 プレー中の服装を見ていても、米ツアーのプレーヤーは落ち着いた色のウエアを着ている選手が多い。ジョン・デーリーのような変わり種も中にはいるけれど、一流プレーヤーは、そのまま街に出てもまったく違和感のないセンスのよい地味なウエアで試合をしている。22歳のジョーダン・スピースはいつでもグレー系の落ち着いたウエアで、プレーのマナーも見事なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  5. 5

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  6. 6

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

  7. 7

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  8. 8

    李東埼氏が読み解く北朝鮮の怒り「文大統領は見限られた」

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る