プロが着る“あんちゃん”ウエアが日本ツアーの品位を落とす

公開日:  更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 アメリカのPGAツアーはティム・フィンチャム氏がコミッショナーに就任してから大きく発展してきたといわれている。

 2001年、太平洋クラブ御殿場コースで開催されたワールドカップの時、来日したフィンチャム氏は次のように語っている。

「アメリカのすべてのスポーツの中でも、PGAツアーのプレーヤーは教養もあって、社会から最も高く評価されている」

 たとえばメジャーリーグを見ていると、常にガムをクチャクチャやって、しきりに唾を吐く。けれどもガムを噛んだり唾を吐いたりしているツアープレーヤーは見たことがない。

 プレー中の服装を見ていても、米ツアーのプレーヤーは落ち着いた色のウエアを着ている選手が多い。ジョン・デーリーのような変わり種も中にはいるけれど、一流プレーヤーは、そのまま街に出てもまったく違和感のないセンスのよい地味なウエアで試合をしている。22歳のジョーダン・スピースはいつでもグレー系の落ち着いたウエアで、プレーのマナーも見事なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る