プロが着る“あんちゃん”ウエアが日本ツアーの品位を落とす

公開日:  更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 アメリカのPGAツアーはティム・フィンチャム氏がコミッショナーに就任してから大きく発展してきたといわれている。

 2001年、太平洋クラブ御殿場コースで開催されたワールドカップの時、来日したフィンチャム氏は次のように語っている。

「アメリカのすべてのスポーツの中でも、PGAツアーのプレーヤーは教養もあって、社会から最も高く評価されている」

 たとえばメジャーリーグを見ていると、常にガムをクチャクチャやって、しきりに唾を吐く。けれどもガムを噛んだり唾を吐いたりしているツアープレーヤーは見たことがない。

 プレー中の服装を見ていても、米ツアーのプレーヤーは落ち着いた色のウエアを着ている選手が多い。ジョン・デーリーのような変わり種も中にはいるけれど、一流プレーヤーは、そのまま街に出てもまったく違和感のないセンスのよい地味なウエアで試合をしている。22歳のジョーダン・スピースはいつでもグレー系の落ち着いたウエアで、プレーのマナーも見事なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る